出会い系サイトを使っていて気をつけないといけないのが、サクラに引っかかることですよね。サクラに引っかかってしまうとちゃんとした相手と出会えないばかりか、メッセージにお金も時間も吸い取られてしまいます。

できれば数回メッセージをやり取りした段階でサクラだと見破って、早めに切ってしまわないと損です。けれど、サクラに対して固定観念を持ってしまっていると最近のサクラを見極めることは難しいんです。

あなたは、サクラはどういう人だと思っていますか? サクラの設定としてメジャーなのは、「若い女の子」「可愛い自撮りを載せている」「エッチな話題が好き」です。

ここまで条件が揃っていてメッセージをたくさん送ってくる子だと、サクラだと見抜きやすいでしょう。こういう子と楽しくメッセージをやり取りしていても、実際に会うことはできません。メッセージ自体はとても楽しいようですが、あなたが出会いやセフレを求めているなら無駄に終わってしまいます。

だからさっさと切ってしまえばいいのですが、サクラの方でも切られないために色々な工夫を凝らしてきます。実は最近では、ここまで分かりやすい設定を使うサクラは少なくなってきています。ちょっとした変化球になる設定を作って、自分がサクラだと見ぬかれないようにしているんです。

サクラは「若い女の子」という前提

例えば20代の前半の子が出会い系サイトに登録していると、「普通に過ごしていてもモテる年代なのにどうして?」と思うのが普通ではないでしょうか? だからあまりに若い子が登録していると、サクラだと思われることが多いです。

だからサクラは、適当に年代をバラけさせてだいたい20代半ば~後半の設定にしています。本当にサクラのアルバイトをしている子は20代後半~30代前半が多いのですが、自分の年齢の上下5歳くらいなら簡単になりきってしまいます。
それでも出会い系サイトで男性にモテたいなら、年齢はなるべく若く設定しておくことが自然だと思いますよね。けれど最近は、この前提が崩れかけています。それは世の中のはやりを反映しているものなんです。ここ数年、テレビなどで「熟女好き」を表明する人が増えていますよね。元々セフレを探している男性にとっては、年上だったり既婚者だったりというのは別に嫌なことではないと思います。若い女の子と真面目に彼氏彼女として付き合うより、年上の既婚者とセフレになった方が気楽なセックスライフを送れるからです。

そういう思惑に加えて最近の熟女ブームがあり、年上の既婚者女性が出会い系サイトで今とてもモテています。このことに気がついた業者は、サクラの設定を「30代既婚者」に変えてきています。わざわざ既婚者のセフレを探している男性に対して、新たなサクラを仕掛けているんです。

具体的に言うと、「既婚者だけど夫とセックスレスで寂しい思いをしている30代女性」という設定です。こういう状況を聞くと男性は「さぞ欲求不満なんだろう」と思ってしまいますよね。そこに付け込んで、どんどんエロい話題を振ってくるのがこのサクラの特徴です。あまりにエロい話題をする女性はサクラの可能性がある、という理性を「欲求不満なんだからこんなもんだろう」という思い込みで取り払ってしまう手口です。

こういうサクラとはエッチな話で盛り上がることができますが、実際に会おうとするとうまくいきません。どんなにエッチが好きそうにしていて欲求不満そうでも、それが設定だからです。「サクラは若い女」という思い込みを捨てないと、このタイプのサクラに引っかかってしまうことになります。30代後半のサクラなんていないだろう、と思い込まずに、相手がどういう女性であってもあまりにエッチな話題を振ってくる時は疑ってかかるべきでしょう。

サクラは「可愛い自撮りを載せている」という思い込み

出会い系サイトを使っていると、やっぱり自撮り写真を載せている女性に目が行ってしまいますよね。出会い系サイトでも写真を載せることを推奨しているので、最近は自撮り写真を載せる女性も増えています。けれどそんな中でも、あまりに可愛すぎたりグラビアアイドルのようにちょっと扇情的なポースをしている写真を見ると「この子はサクラかもしれない」と疑ってしまうのではないでしょうか。ここまで分かりやすいと、疑われても当然です。だから最近では、ここまで分かりやすいサクラは減ってきています。

では、サクラはどういう写真を載せるようになっているんでしょうか?具体的には、顔の一部を隠したような写真です。目元だけ手の平で隠して口元だけ見える写真、頭の上から撮影したような目元は見えない写真、横顔の写真など……色々なパターンがあります。もっと変化球になると、可愛いぬいぐるみのアップ写真や小物の写真なんかもあります。ここまで来ると、一般人が使っている写真と見分けがつきません。

普通の出会いを探している女性でも、これくらいの写真は載せています。わかりやすく可愛い自撮り写真か、あまりに扇情的なポーズの写真以外では、写真でサクラを見分けることがとても難しいんです。

それでは、こういうサクラにはどう対処したらいいのでしょうか?

サクラ対処法

メッセージのやり取りは男性から始める

まずは相手からメッセージが来た場合には、一応警戒しておきましょう。出会い系サイトのやり取りは、男性側から始まる方が一般的です。向こうから来た場合には、サクラの可能性が高くなります。

こちらからメッセージを送った女性が、顔が半分だけ見えているような写真を載せていた場合は難しいです。けれどしばらくやり取りをして仲良くなったら、新しい写真を見せてくれるようにお願いしてみましょう。

プロフィールとは違う、新しい写真を見せてもらう

サクラだと、プロフィール用の写真を一つしか用意していない場合が多いです。だから写真をリクエストされても、新しくは用意できない場合がほとんどです。もし相手が普通の女性だとしても、「他の人には見せていない写真が見たい、顔は全部写っていなくてもいいから違う角度の写真を見せてくれ」というふうに頼めば、実際に会うつもりがある女性ならたいていは応じてくれます。正直に「サクラじゃないと安心したいから」と伝えるのも一つの手です。こちらの写真も見せるから、と言えばより親しくなれて一石二鳥でしょう。

そうは言っても、サクラをしている子がその場で自分の写真を撮って送ればごまかされてしまうんじゃないの?と思うかもしれませんね。けれどその場合は、最初の写真とは必ず顔が違うはずです。「今は髪型・髪色を変えたからプロフィール写真とは雰囲気が違うけど」なんていうセリフに惑わされず、本当に同一人物かどうかをしっかり見極めてください。

それに、プロフィール写真に似た雰囲気を作るためにメイクを変えるのには時間がかかります。「送ってもいいけど、明日でいい?」という言い訳をすることがありますので、そのあたりもシビアに見極めましょう。出会い系サイトでは最初からプロフィール写真に自分の顔を載せているサクラは、ほとんどいません。彼女たちはネットに写真が載ることの怖さを誰よりも知っているからです。

サクラが最近使い始めた、新しい設定について分かってもらえたでしょうか?年齢やプロフィール写真に惑わされてサクラに騙されてしまい、時間とお金を無駄にしないように気をつけてくださいね!