出会い系サイトを使っていて、男性会員がもっともよく悩まされるのがサクラの存在でしょう。どのサイトでも、会員数を多く見せながら男女のやり取りを促進できるサクラは必ずいます。大手のサイトなら大丈夫だろうと思っていても、男性会員が騙されてしまった例は後を絶ちません。

もっと悪質になると他のサイトに誘導されたり、直にお金をもらおうとしてきたりします。それでも実際に会ってセックスできるならいいかもしれませんが、サクラと会うことは絶対にできません。お金をもらった瞬間にサクラは次のカモを物色し始めているので、すぐに用済みになるのです。

楽しくメッセージを交換したいだけなら、サクラが相手でもいいでしょう。会話が長引いて盛り上がることは間違いありません。けれど本当に出会いたいと思っているなら、サクラの存在は邪魔なだけですね。
ここでは、実際にメッセージのやり取りをしていく中で「サクラを見破って撃退できる」方法をお教えしましょう。

1.あまりに写真が可愛い人は怪しい

最近ではSNSを使っている若い女性が多いですね。気軽に写真をアップすることができるので、自撮り写真を見せ合っているグループもいます。そしてそういった女性たちが遭遇しているのが、「自分の写真を勝手に出会い系サイトのプロフィールに使われる」という嫌な事態です。

仲間内で見るだけのつもりでアップしたのに、業者に見つかって流用されてしまうのです。こういうことになっても、ほとんどの女性は対応策が分かっていません。泣き寝入りしている人ばかりです。そして、使われていても気がついていない女性だっています。

つまりどういうことかというと、出会い系サイトのプロフィール写真はいくらでもネット上から拾ってくることができるのです。ネットリテラシーの低い若い女性こそ、可愛く撮れた写真を無防備にアップします。そこに業者が目をつけているんです。

だからあなたがメッセージをやり取りしている女性も、写真は偽物かもしれません。本当に出会いを探している女性なら、少し顔を隠した写真や後ろ姿でも、実際の自分の写真を載せるものです。堂々と偽物の写真を使っているなら、それはサクラだと断言できます。

じゃあどうすればいいでしょうか?相手に「その写真は本物ですか?」と訊いてみても、誰でも「本物です」と言いますよね。それが嘘かどうかを見分ける方法はありません。

この場合は、相手に訊いてみることはやめましょう。その代わりその写真を、Google写真検索にかけてみることがおすすめです。もし同じ写真が違うところで使われていたら、残念ですが出会い系サイトのプロフィールの方が怪しいと言わざるをえません。

更に他の出会い系サイトのプロフィール写真を確認してみるのも、有効な手段です。系列が同じだったりすると、業者が同じ写真を使いまわしていることがあります。もし同じ写真で違うプロフィールだったりすると、サクラ確定です。

2.相手のメッセージに矛盾を見つける

サクラは結局のところ嘘をついてメッセージをやり取りしているので、たまに自分でどういう嘘をついたか忘れてしまう人がいます。盛り上げようとして耳触りのいい言葉を連発しているうちに、矛盾が出てきてしまうのです。
またサクラはたくさんの男性会員とやり取りしているので、誰に何を言ったかごっちゃになってしまうことがあるようです。そういう点を見逃さないようにしましょう。

同じことを二度書いてくるようなことがあれば、その相手はサクラの可能性が高いです。その場合も特に「それ前も言ってたよ」なんてツッコミを入れる必要はありません。「念を押したかったから二度言った」などとはぐらかされて終わりです。真偽を確かめようとするとその分メッセージが長くなってしまうので、サクラにしてみれば嬉しいだけです。

単に以前言ったことを忘れてしまっているだけじゃないか?と好意的に解釈してあげたくなることもあると思いますが、「同じことを二度書いてきた」というだけでやり取りは終わりにした方が生産的です。

そして、前と言っていることが違う場合も同じです。サクラとのメッセージのやり取りは長くなりがちです。相手が引き延ばそうとしてくるので、ずるずると会話だけ続けてしまっている男性会員が多くいます。そんな中で「前に訊いたことと話が違う」と感じることがあったら、その女性はサクラだと言えるでしょう。ついた嘘を自分で忘れてしまっているパターンです。その時も、特に相手を問い詰める必要はありません。はぐらかされてメッセージが長引くだけです。

こんなことがあったら、即サクラだと断定して切ってしまいましょう。

3.個性を出すしかない質問をする

熟練のサクラになると、2のようなうっかりミスはしなくなります。サクラは誰に何を言ったかをメモに書いて、メモを見ながら「仕事をしている」そうです。そういう相手の場合はシッポを掴むことは難しいし、ミスを待っていても埒が明きません。こちらからの質問で、サクラかどうか見破る必要があります。

ここで気をつけたいのは、「設定で切り抜けられる質問をしない」ことです。どこに住んでいるのか、一人暮らしなのか、彼氏はどれくらいいないのか、そういう質問は全部、設定を決めてしまっていればすぐに答えられてしまいます。出会い系サイトを使う上で男性会員が知りたい質問は、サクラには簡単なものでしかないのです。

だからここでは、個性を出すしかない質問をしましょう。例えば趣味の話をして、相手が何かの話題に食いついてきたらもっと深く掘り下げて訊いてみます。スポーツをするなら「どこのメーカーの器具を使っているか、どうしてそれを選んだのか」「好きな選手のエピソードは何か」などです。これなら、知らなくても適当にごまかすということができません。

好きなチームを聞くだけでは、適当に答えられてしまいます。好きな選手のエピソードとなると本当に好きな人しか答えられないので、サクラは困ってしまいます。そしてもし一般会員の女性なら、喜ばれるいい質問になります。
絵が好きだと言えば好きな画家を聞くだけではなく、どこでそれを見てどういうところが好きなのかを聞くのもいいでしょう。具体的なエピソードを求めてみることが重要です。

こういう質問を重ねていけば一般会員の女性とは仲良くなれますし、サクラからすると面倒な客になるのでやり取りが少なくなります。これはぜひ実践してみてください。